英語が得意な人、自信を持って話せる人を、増やしたい!

個性を生かしながら実力を伸ばすための総合的なサポートをして、皆さんのお役に立ちたい!という気持ちで、英語講師を続けているトモコサンです。
小さなお子さんから大人まで、英語に楽しく触れながら力を伸ばしていけるよう、精一杯応援します!

世界はアナタの個性を求めています!

インターネットやSNSの普及によって、今では誰でも好きなことを発信できるようになりました。
YouTubeやTikTokなどの動画は世界中に拡散されるようになり、知らない間に海外にいる人々の注目を得ていた、なんていうことも珍しくありません。

AIの発達もあり、翻訳機能もどんどん向上しています。
そんな中、「語学なんてできなくても問題ないんじゃないの?」という声もありますよね。

確かに、全て自力で理解したり翻訳したりする必要は、なくなったと思います。
でも、ちょっとしたニュアンスや、自分だったらこういう表現を使いたい、といった微妙な違いはありますよね。
同じ状況を説明するとしても、みんなが一言一句違わず同じことを言う、ということはありません。
どこかに「その人らしさ」というものが自然と出てくると思います。

どんな言葉を使うか。
どんな言い回しや表現をするか。
どんなイントネーションやスピードで話すか。
ユーモアを交えたり、真面目に話したり・・・。

自分の言葉で表現して、伝えようとする。
それが100%できなかったとしても、どこかに「その人らしさ」があって伝わる。
英語でも、そんなコミュニケーションをしてほしいな、と思っています。

ちなみに、発音やアクセントも「表現」としての部分が大事だと思うので、完璧である必要はないと思っています。
ちょっと日本語っぽい「ジャパニーズ・アクセント」も海外では人気だったりしますよね。
なので、それも個性の一部として、自信を持って発言や発信をしてほしいと思います。

  • トモコサンの英語サポート 3つの特色
  • 1.小学生にはフォニックスで4技能をバランスよく習得
  • 2.英語を通して自分の強みを伸ばす
  • 3.目標や目的に合わせたサポート内容

フォニックスって、なに?

アルファベットを音で認識し、組み合わせのパターンを習得することによって、初見でも単語が読めるようになる手法です。
日本でひらがな・カタカナを習うように、海外では英語を習う際に、アルファベットを覚えるのと同時に必ず覚えるものです。

文字を習得していくタイミングは小学校就学時になりますので、取り入れるのであれば、やはり小学生低学年が理想的です。

読めるとわかる。
それは必ず自信につながります。

読めるようになって、楽しくてもっと英語をやりたくなる、好奇心旺盛で学び盛りの年齢にこそ、取り入れたい学習法です。

フォニックスクラスのカリキュラム

フォニックスのクラスでは、基本的な英会話を実践したり、みんなでゲームを楽しみながら、「読む、聞く、話す、書く」の4技能をバランスよく身につけていきます。

カリキュラムは10回(約3ヵ月)のターム制を導入。1タームでアルファベットを一巡し、丁寧に繰り返しながら習得していきます。

ある程度読めるようになると、絵本などを通して文章を読み、表現力や想像力を身につけていきます。
英会話テキストを使いながら、会話力も磨いていきます。

初心者から始めて、1年ほどで英検4級合格♪スラスラ読めることで、英検も無理なくチャレンジできます。

レッスンについて

小学生〜大人まで、様々な要望にお応えしています。
目標に合わせたカリキュラムで、学習のサポートをいたします。

グループレッスン(小学生〜中学生)

小学生のクラスは、フォニックス(初心者)・初級・中級に分かれています。短い文章が読めると初級へ、まとまった文章が読めると中級へと進んでいきます。レベルの目安としては、初級で英検4級、中級で英検3級くらいになります。

中学生クラスは、物語や会話文、説明文などの長文読解を進めながら、必要な文法を押さえていきます。読解力や表現力、実践力を磨くことにも注力し、バランスよく英語力を習得していきます。

プライベート

個人レッスンでは、ニーズに合わせたカリキュラムをご用意します。
学校の授業に合わせたサポートが必要な中高生の方には、経験豊富なトモコサンがしっかりと計画を立てて指導しますので、安心してお任せください!
そのほか、日常会話や旅行で役立つ表現など、気楽に英語を楽しみながら習得を目指す大人の方にもオススメです。

集中講座(5日間)

春休み・夏休み・冬休みなどを利用した集中講座は、予習や復習、試験対策や課題など、短期間にまとめて取り組みたい内容に対応しています。
詳しい内容は各講座の案内パンフレットにてお知らせいたします。

オンラインでも受講可能です!

zoomなどのビデオ通話を使ってレッスンを行っています。個人レッスンだけでなく、フォニックスのグループレッスンも3名以上でオンライン受講が可能です。
復習サポートや先取りなど、ご要望にもお応えします。お気軽にご相談ください。

授業料(税込)

グループレッスン50分 1ターム ¥33,000
*1タームは約3ヶ月です。1ターム10回のカリキュラムに沿ってレッスンを行います。
*オンラインをご希望の場合は料金が変わりますので、ご相談ください。
*英検クラス(25分)を追加される場合、1ターム¥45,000になります。
プライベート1ターム ¥55,000
*月額の場合 ¥20,000
集中講座5日間 ¥22,000
入会金等入会金 ¥5,500(グループとプライベートのみ)
テキスト代 実費(市販のテキストや本をご案内します)

講師紹介

ファンキーでロックなトモコサンが英語を教えるようになるまでの話♪

英語との出会いは、小学3年生のとき、兄が聴き始めた洋楽(ロックやポップ)でした。
真似をして歌うようになり、何を言っているのか確認したくて歌詞カードの英語と日本語訳を読み始めたのですが、だんだんロックの日本語訳の口調が気になってきて、「本当にそんなこと言ってるの?」と辞書を引いて検証していた、そんな子供でした・・・。

音楽から入ったので、基本的にはノリで英語を捉えていました。
日本語にはないリズム感が新鮮で楽しかったので、英語を「勉強」していた感覚はなくて、ただただ好きでした。

中学生のときは、月に1回くらい来るALTの先生に寄って行っては、何か話しかけていた記憶があります。
拙い英語で何を話していたんだろう?と今なら思いますが、当時は恥ずかしい気持ちよりも、話したい気持ちのほうが強かったんでしょうか?
女子中学生って、無敵ですよね・・・。

家の事情で高校は商業科に行くのですが、そこでも英語に対する熱意は冷めやらず、「英語が話せるようになりたいです!」と自ら先生に言いに行き、「それならスピーチコンテストに出なさい」と説得され、練習することに。
大会前には発音の特訓を受けたりしていました。

そして結局、やっぱり大学に行っても良いという父の許可のおかげで、地元の私立大学の英語英米文学科に入学し、短期留学を経験することになります。
ホームステイではホストマザーに娘のように可愛がってもらい、毎晩アイスクリームとウーロン茶をお供に、和英辞典を引きながらたくさん話をしたことは、今でもかけがえのない思い出として残っています。

そんな英語大好きな大学生だったわけですが、わたしは物心ついた時から「先生にはなりたくない!」と思っていて、教職課程なんて全く眼中になかったんですよね。
(思い込みって、怖いですね・・・)

それでも英語に関わる仕事がしたいという気持ちはあって、並行輸入に関わる仕事に就くわけですが、業務の縮小だったり体調の変化があったりで、転職を余儀なくされます。

そんなとき、同時に2人から「英語の先生は?向いているんじゃない?」と言われます。
塾の先生であれば、必ずしも教職課程を取っている必要はないとのこと。

なりたくない職業ナンバー3に入っていた、「先生」という仕事。
選択肢にないと思っていたけど、よく考えてみたら、確かに英語は好きなわけだし、相談に乗ったり何かを説明したりするのも苦じゃない。

確かに向いているかも。

これってセラピストと同じ経緯を辿っていますよね・・・。
つくづく、得意なことや向いていることって自分では気付きにくいんだなと思います。

そして地元では大手だった塾に入社し、英会話部門に配置転換となり、英会話インストラクターとしてフォニックスを教えるという経緯を辿るわけです。

いやー、楽しかったですね。
英会話部門では外国人インストラクターとのペアティーチングというスタイルで教えていたこともあり、様々な国籍や経歴の外国人たちと相談しながら一緒に仕事をして、イベントや発表会もあって、1年があっという間に過ぎていく、そんな日々でした。

今でも、その頃に経験したことが自分の基礎になっていると感じるので、本当に素晴らしい環境に出会えたと思っています。

ここまで長々と書いてきましたが、結局、自分の才能や能力、向いていることを、自分1人で見つけることは難しいんだと思います。
自分をよく知ってくれている人がいて、アドバイスや指摘を受けることで、やっと気づく。
そういうことのほうが多いのではないでしょうか。

そんな実体験から、自分では気付けていない個性や才能を、集まったみんなで引き出して輝かせるような場所を作り、1人でも多くの人が能力を発揮できるようにと、切に思っています。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

お電話・メールフォームより、お気軽にお尋ねください。

2営業日以内に返信いたします。

powered by crayon(クレヨン)